1. アイネス総合研究所 トップ
  2. 会社情報
  3. 共創のご紹介

共創のご紹介

「共創」とは

2004年、米ミシガン大学ビジネススクール教授、C.K. プラハラー ドとベンカト・ラマスワミが、共著『価値共創の未来へ—顧客と企業のCo-Creation)』で 提起した概念と言われています。「Co-Creation」の日本語訳で「企業が、様々なステークホルダーと協働して共に新たな価値 を創造するとという概念」です。

Funnovationについて

「Funnovation」は、「Fun」(おもしろい)と「Innovation」(新たな価値創造)を融合した造語で、アイネス総合研究所が提唱する「共創」の概念です。

※現在、商標登録出願中です。

「共創」とは

「オープンな集合知」から共創の推進

既存の商品やサービスを売り込むことだけに止どまりません。お客さまを共創空間にお招きして、新たなビジネスモデル構築に際し真のユーザーを特定し、
お客さまとともに課題と向き合い解決方法を考えてゆくことや、新たなビジネスモデルを作って行こうする取り組みです。

共創の形態

双方向の関係

双方向の関係

利用者の提供者化

オープンな関係

オープンな関係

オープンな場で知識を集約

連携の関係

連携の関係

専門知識や能力を迅速に調達

「共創」によるイノベーション創出基盤

「共創」によるイノベーション創出の基盤"

アイネス総合研究所の共創手法

深く知るためのフェーズ

【目的】
新市場の抽出、お客さま課題の把握と分析

【手法】

創造的なフェーズ

【目的】
将来のユーザー要件の「視える化」、新コンセプトの創出

【手法】

モノを通じたフェーズ

【目的】
設計による解決案の作成と要求事項に対する設計の評価

【手法】

実践につなげるフェーズ

【目的】
提案したプロトタイピングが事業化可能かを議論

【手法】

深く知るためのフェーズ

将来潮流を把握するための外部要因を、P:政治、E:経済、S:社会、T:技術、の視点と時間軸を用いて導き出し、将来社会で望ましいサービスを利用者の視点で検討します。

将来起こりうる要因の収集

将来起こりうる要因の収集

将来生活者ニーズの洞察

将来生活者ニーズの洞察

事業機会アイデアの発想

事業機会アイデアの発想

ユーザーの業務現場の実態を観察して潜在ニーズを発見する手法です。

  • 調査者が実際のユーザーの作業現場に出向き、 ユーザーに弟子入りするような姿勢でユーザーが行うタスクを一つひとつ観察
  • ユーザーが仕事をしている最中に可能なタイミングで随時質問をしながら、作業遂行方法と認知プロセスを把握
  • 対象となるシステムが作業全体のなかで現在どのような役割を果たして いるのかを明らかにし、 潜在的に必要とされる機能や問題の抽出が可能

創造的なフェーズ

「うれしさ発見ボード」によりユーザー視点を醸成させます。

  • ユーザー視点でユーザーのうれしさを発見
  • どのような場面で、誰に対して、どのような価値を提供するのかを検討
  • サービスのアイデアを創出する前段階において、異なる知見のメンバーが集まりユーザーカードや付箋紙を用いて、関係するユーザーの発見とユーザー のうれしさを検討できるツール
嬉しさ発見ツール
嬉しさ発見ツール

「サービス俯瞰ツール」により「ビジネスモデルの設計」をします。

  • マルチステークホルダーで構成するサービスにおいて持続的に収益を上げる方法を、個別企業の戦略の視点、ステークホルダーの関係性の視点を行き来させながら検討
サービス俯瞰ツール
サービス俯瞰ツール

モノを通じたフェーズ

新たにユーザビリティテスティングルームを開設しました。

  • 被験者に協力して頂き、プロトタイプ等を用いて操作のシミュレーションを実施し、使いにくい点やわかりにくい点を抽出する手法
    →下流工程での手戻り抑止
テスティング室
モニタリング室

ケーススタディ

共創ルームのご紹介

お客さまのニーズを汲み取り共創を深化させるためのコラボレーションスペースを新設します。
クリエイティブな雰囲気でより円滑なコミュニケーションを実現します。

共創ルームのご紹介
共創ルームのご紹介