1. アイネス総合研究所 トップ
  2. 事業内容
  3. 活動内容

活動内容

お客様とともに社会イノベーションを創出する

取締役 主席研究員 河村 弘隆

取締役 主席研究員
河村 弘隆

ITの活用によりビジネスは大きく変化してきました。さまざまな最新のデジタル技術の登場により、既存のビジネスから脱却した新たなビジネスを展開する企業も出始めています。
また社会が醸成する中、企業は自社の利益追求のみならず、社会的課題の解決を図ることも求められるようになってきました。こうした「クリエーティング・シェアード・バリュー(CSV)」の思考をベースに、私たちはお客さまとともにデジタル技術を活用した新たな価値をうみ出すビジネスモデルの創出に取り組んでまいります。

私たちの主な活動内容についてご紹介します。

取締役 主席研究員 河村 弘隆

AI技術

企業の課題解決や人々の生活を支える一つの手段としてAI技術は飛躍的に進化してきました。こうしたAI技術により、今までのICTだけでは果たせなかったことが解決できるようになっています。
私たちはAI技術の研究を進めております。更にさまざまな新技術を柔軟に組み合わせることにより、新たなビジネスモデル創出を目指しています。

セキュリティ技術

AIなどの新技術を応用したサイバー攻撃対策について研究を進めています。 現在、アイネスのセキュリティチーム「INES-SIRT(アイネス・サート)」のコンサルタントとして、豊富な経験と情報セキュリティ大学院大学で学んだ最新知識を兼ね備えた研究員がこのテーマを研究しています。
企業経営を揺るがすほどになってきたサイバー攻撃から守る、次世代に向けた対策研究を同大学と共同で行っています。将来はこの分野からエバンジェリストとしてお客さまと共に社会に貢献できる人材を多く輩出していきたいと考えています。

フィンテック

今までとは異なる自由な発想で、さまざまな視点から社会やビジネスを支える全く新しい金融の仕組みが世界中に浸透してきています。
私たちは、仮想通貨を実現するための手法であるブロックチェーン技術について研究をしています。
昨年度は、四国地方のある自治体とともに、ボランティア活動に対する感謝の気持ちとしてやり取りする地域ポイントを用いた地域活性化の仕組みについて実証実験を実施しました。
現在は、この経験を活かしてコミュニティーのメンバー間で感謝の気持ちをポイントとして実体化することで流通を促す仕組みへと拡張し、実証実験を展開しています。

お客さまとの「共創」について

取締役 主席研究員 河村 弘隆

お客さまと研究を進める上で最も大切なことは「コミュニケーション」であると私たちは考えています。
研究やその成果としてのビジネスモデルを創出するためには、コミュニケーションを重ねブラッシュアップしていくことが重要です。
そのための場として「共創ルーム」を設けました。ここでは、お客さまをはじめとしたさまざまな専門家と共に「ユーザー体験」をふまえたアイディアソンやハッカソンなどを活発に行っています。

私たちのこれから

私たちは新技術を活用し、お客さまと共にお客さまの業務をリノベーションしてまいります。更に、次世代に向けた新たな価値を創造していくビジネスモデルを実現していきたいと考えています。
私たちは、これから先の時代を見据えたビジネスモデル創出を行う「未来研究所」として、お客さまと共に社会イノベーションの実現を目指していきます。

事業内容